どうやって狙う?資格が必要な医療の職種

SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットにまつわる医療の資格

ペットブームと呼ばれて久しく時が経っている感じがしますが、それだけ、ペットが身近になったのかもしれません。
今では、新築の集合住宅で、ペットが飼えないと住人が増えないようです。
すでにペットの家族化の状況と言ってもいいのでしょう。
けれども、ペットを飼っていると、生き物であるため、動物医療とも関わりが出てきます。
近所の動物病院があれば、非常に便利でしょう。
そんな動物に関わる医療の資格が、獣医師となっています。
医師と名が付くからには、人の医師と共通している点があります。
すなわち、動物に対し、メスを伴った治療ができるのは、獣医師のみです。
また、獣医学部のある大学に入学し、知識や技術などを身に着け、獣医師国家資格試験に合格することで、獣医師の免許を得ることになります。
獣医師であれば、先でも触れている動物病院の開業が可能です。
もしかしたら、もっとも獣医師が進む道で多いのかもしれません。
しかし、すべての獣医師が、独立開業で成功するとは限らず、企業に就職する人もいます。
たとえば、食肉関係であったり、あるいは、畜産業に関わったりします。
さらには、公務員となって、公衆衛生などに従事する人もいるようです。
なお、まだまだ認知が低いですが、動物看護師という公的資格もあります。
一種の医療の資格ですが、動物医療の看護師と言えます。
業務内容は、獣医師のサポートなどになりますが、資格がなくても、動物病院などで、アシスタントとして、就業できるようです。
この点では、歯科アシスタンとなどと似ているようです。
Copyright (C)2021どうやって狙う?資格が必要な医療の職種.All rights reserved.