どうやって狙う?資格が必要な医療の職種

SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加

医療事務でもチェック

病院であっても、企業事務のようなものが必要になります。
医療であっても、経営が必要であり、事務によって、それをまとめるようになるからです。
医療事務とは、まさにそれを行うものであり、未経験者であっても、就業可能なようです。
医療事務の主要業務は、診療報酬請求書作成です。
今の健康保険体制では、点数制度で営まれ、診療に対し、一つ一つ点数が決めれています。
治療費は、それで決まり、患者であれば、自己負担分しか支払いません。
残りの分は、病院が肩代わりしている形です。
したがって、その分を組合などに請求するようになります。
1点10円で計算し、それを請求書として、作成します。
かつては、手計算のようでしたが、今では、コンピュータソフトで作成しているようです。
したがって、パソコンの基礎を身に着けておくことも重要なようです。
また、事務職でもあるので、請求書作成のみでなく、新患受付などの業務もあります。
救急病棟があれば、救急受付も行うようになります。
なお、医療の資格も、医療事務にはありますが、公的資格の一つとなっています。
したがって、取得しなくても、十分就業が可能です。
しかし、未経験者であれば、取得しておくことで、アピールポイントとなります。
また、医療事務の経験がなく、企業事務しかしたことがなくても、十分、業務に従事できるようです。
また、病院で勤めることができるため、家庭の主婦に人気のある職種ともなっています。
Copyright (C)2021どうやって狙う?資格が必要な医療の職種.All rights reserved.