どうやって狙う?資格が必要な医療の職種

SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師で処方

治療には、医師の診断が必要であり、その後、薬をもらうことになります。
もっとも、医師は、薬を処方せず、指示だけをします。
実際に、薬の処方をするのが、薬剤師であり、こちらもまた、医療の最前線に立つ、代表的な医療の資格となっています。
薬剤師もまた、医師や看護師と同じように、薬学部に入学し、そこで知識や技術を身に着けます。
そうして、薬剤師国家資格試験を受験し、合格すれば、免許を取得するようになります。
医師と同じように、国家資格試験そのものものよりも、薬学部への入学が難しいようです。
浪人などが必然的に増えてしまうことも、致し方のないことでしょう。
そんな薬剤師は、病院勤めもありますが、やはり、薬局勤務が主流でしょう。
最近では、企業が店舗を出し、全国展開しているところが多くなっています。
当然、地方を中心とした薬局もあり、個人経営のような店舗もあります。
薬局に勤めることで、薬の処方をしたり、あるいは、今では、市販薬において、販売時に説明しなければいけないものがあります。
薬剤師の知識などをフルに活かせることでしょう。
また、薬剤師であれば、医薬品企業に勤務する人も多いようです。
医薬品企業では、新薬開発に携わり、治験などにも協力するようです。
しかし、今では、医療費の抑制のため、医薬品製造を下請け化しているケースがあるようです。
当然、そういう下請け企業に勤める薬剤師も多いようです。
なお、薬剤師でも、公務員になったり、あるいは、医薬品と関係のない企業に勤める人もいます。
中には、自分で薬局を経営する人もいるようです。
Copyright (C)2021どうやって狙う?資格が必要な医療の職種.All rights reserved.