どうやって狙う?資格が必要な医療の職種

SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師もある

医師とともに、医療の資格の代表的なものが、看護師になるでしょう。
医師と患者の仲立ちをするような役割があり、どちらのサポートも行うようです。
医師に対しては、医学的な知識を持って、サポートをします。
患者に対しては、心のあり方までを考慮したケアサポートを行っているようです。
そんな看護師は、今では性差に関係なく、就業が可能です。
かつては、看護婦と言われていましたが、男性が進出し、看護士が誕生し、その後、現在の看護師になったようです。
これは、ジェンダーフリーを意味する言葉のようです。
こういう看護師になるには、いくつかの方法があります。
スムーズな方は、大学の看護学部などに入学し、看護師国家資格試験を受験し、合格することです。
医師のように、看護学部などで、知識や技術を身に着けるようになります。
しかし、准看護師であれば、看護師国家資格試験の受験資格を得るようになります。
中卒もしくは高卒で、准看護師の専門学校などで学び、准看護師資格試験に合格します。
そうして、看護師国家資格試験の受験資格を得るようになります。
あるいは、高等看護学校に入学し、准看護師になる方法があります。
准看護師は、看護師のサポート役ですが、都道府県認定の資格試験を受験するようになっています。
以上、看護師免許の取得方法ですが、働く場所は、やはり、病院です。
しかし、医療分野で指摘されているように、厳しい労働環境であることは、覚悟が必要でしょう。
また、医薬品企業に勤めたり、あるいは、大学に残り、看護学の研究を続ける人も多いようです。
Copyright (C)2021どうやって狙う?資格が必要な医療の職種.All rights reserved.